季節を作ろう

季節の彩りを暮らしの中に。
簡単に試せるハンドクラフト。

季節の彩りを暮らしの中に。
簡単に試せるハンドクラフト。

ホッと一息。毛糸のコースター

1年で最も寒い季節の到来です。そんな日は早く帰路につき、ホットティーやヴァンショーなどで、体を温めましょう。シンプルなグラスも、毛糸のコースターに乗せればテーブルに彩りが。家族で色を変えて、“マイグラス”を示す役目にもなります。紙皿と毛糸で簡単に作れるコースター、ぜひ試してみてください。

材料

  • 深さ1〜2cmの紙皿(直径26cm)
  • 毛糸(好みの色3〜4色)
  • マスキングテープ
  • ボール紙(5×10cm)を毛糸の色数分

道具

  • はさみ
  • カッター
  • カッターマット
  • ペン
funtime funtime

作り方

  1. 毛糸を巻きつける

    ボール紙に使う毛糸を各々巻きつける。

  2. 印をつけ、切り込みを入れる

    紙皿のヘリに、ほぼ等間隔に(約6cm間隔)になるよう印をつける。そこに、ヘリから2cm程の切り込みを入れる。この時、必ず奇数にするのがポイント!

  3. 毛糸をマスキングテープで止める

    切り込みに毛糸を通し、表側からほぼ対角線の切り込みへ毛糸を渡す。1周繰り返して全ての切り込みに毛糸を渡し終えたら、毛糸が交差する部分が真ん中に来るようにピンと張らせ、1つ置きで毛糸を通していく。作りたい色の幅によって、これを繰り返す。

  4. 次の色は、3の途中から開始する

    先の毛糸を10cm程残して切り、次の色と結ぶ。そのあとは、3と同様に1つ置きに毛糸をくぐらせていく。これを、好みの大きさになるまで繰り返す。最後の色を巻き終えたら、30cm程毛糸を残して切る。

  5. 毛糸をくぐらせる

    切った毛糸を、最初にスタートした切り込みまでくぐらせる。切り込みから引き抜いて、隣り合わせの毛糸を合わせて結ぶ。残りの毛糸も同様に。

できあがり

お好みで、外周の輪っか部分を切り、少しほぐして完成。切りっぱなしだとほつれてくる場合は、先をボンドで止めてもOK。

ハッシュタグ「#季節を作ろう」をつけてInstagram(インスタグラム)に投稿してね!

今回の作家さん

ラップルさん

梱包材の老舗メーカー「シモジマ」が運営するラッピングとD.I.Y.のお店
「WRAPPLE」ディレクションチームの手づくり大好き二人組。
著書「ラップルさんのアイデア・パーティ」発売中。

ARCHIVE

過去記事