HAND CRAFT

気軽に、自分らしく、手づくりを楽しもう!

ARCHIVE

#016布でつくるクリスマスリース

コクボマイカ

壁やドアに掛けるのはもちろん、
真ん中にオブジェやキャンドルをあしらって棚に飾ったり。
クリスマス気分を盛り上げる手軽なインテリアであり、
大人はもちろん、子供もチャレンジできる
簡単&かわいいリースの作り方をご紹介します。



Image Movieクリスマスリースの作り方

HOW TO MAKE

用意するもの

■材料 
発泡スチロール製土台(直径15㎝) 1個
布(7㎝四方) 72枚(白40枚、茶色32枚)
麻紐 適宜
木工用ボンド
多用途接着剤

(装飾アイテム)
リンゴ 2個
松ぼっくり 2個
茶色い実 3個
■道具 
プラスドライバー(竹箸でも可) 1本
油性ペン
ピンキングばさみ

  • 土台にマーキング。

    型紙(ダウンロード)とだいたい同じ位置に、土台に2色の油性ペンでポイントを入れる。

  • マスキングテープの上もペイント!

    布を手のひらにのせる。

    ピンキングばさみであらかじめカットしておいた布を手のひらにのせ、プラスドライバー(または竹箸)の先を布の中心に置く。

  • 布を巻き付ける。 

    ドライバーの先端を布で包むようにくるりと巻き付ける。

  • ボンドをつける。

    布の先端に木工用ボンドをつける。

  • リース台に布をつける。

    赤色ポイントには白布、青色ポイントには茶色の布と、リース台にマークしたポイントに布を突き刺す。

    最初ははさみで切れ込みを入れると裂きやすい。

  • 装飾をあしらう。

    布が差し終わったら、リンゴや松ぼっくり、木の実などの装飾の配置を決め、多用途接着剤で台に固定する。

  • 完成!

    壁やドアに引っ掛けるための麻紐を土台につけたら出来上がり。

Let's try!

studio CLIPの手づくり部メンバーもリース作りに挑戦しました。

  1. 「こういうデコレーションでリースを作るのは初めて」というのは、手づくり大好きの常連メンバー、酒井さん。とはいえ、ドライバーにくるりと布を巻く工程は、数回やっただけですぐにお手のもの状態。コクボさんも「さすが飲み込みが早いですね」と絶賛。
  2. 「ぷすっぷすっと差しこんでいく感覚が結構ハマリます」と酒井さん。「布の花びらの形が多少開いたり、ずれたりしても、たくさんつけていく内にサマになっていくので、気にしないで」とコクボさん。
  3. バランスを見て装飾を配置して完成。「うちに飾っているstudio CLIPのツリーと並べたら完璧。クリスマス気分がさらに盛り上がりそうです!」
できあがりました!



PROFILE

コクボマイカ

武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科を卒業。 2012年に活動を開始し、文具のセールスプロモーションをはじめ、雑誌や書籍のクラフトレシピ制作などにも携わる。
”ハンドワークを日常に”をモットーに、手軽で楽しく、生活に取り入れやすいものづくりを提案している
サイト:おとなのずがこうさく
http://www.otonanozugakousaku.net/

著書:『縫わずにできるすてきなロゼット』河出書房新社