全国のよりみちのおとも

メインストリートから路地裏まで。
食べ歩きにぴったりの、おとも。

メインストリートから路地裏まで。
食べ歩きにぴったりの、おとも。

大阪府

道明寺って何のこと?

桜の季節の食べ歩きおやつといえば、やっぱり桜もち。
実は桜もちにも地域性があって、丸くておはぎのようなのが関西風。関東風は、クレープのような皮にあんが入っています。
関西風は「道明寺」とも呼ばれ、その名の通り「道明寺粉」という荒いもち米を使って作ります。
この道明寺粉、大阪府にある道明寺が保存食にと作ったのが始まりの関西発祥の素材なのだとか。
そう言われてみると、あの丸くて可愛い形には、京都を中心としたお茶菓子文化の影響が色濃く感じられるかも!
和菓子屋さんで買って、店先のベンチや桜の木の下で緑茶と一緒に食べる…なんて、贅沢に春を満喫してみたいものです。

STAFF FAVORITE

グランフロント大阪店 スタッフYさん

関西ではもち米でつくられた桜もちになじみがありますね。
でも、もち米で作られたものが関西風で、クレープのような皮で作られたものが関東風とは知らなかったです。
一緒に並んで売っていたりしますが、自然ともち米の桜もちに手が伸びます。笑

関東風の桜もちをあまり食べた事がないのですが
関西風の桜もちは粒が表面に残っていてもちもちでおいしいですよ!

RECOMMENDS

おすすめ記事