NEXTWEEKEND村上萌の #かぞくごと vol.2

06 APR 2018

vol.2
「しあわせ朝ごはん」
文・村上

これまで、何かにつけて「朝ごはんの時間が好きです」とこたえつづけてきたので、自分の中ではもう、あらゆる角度からの質問にも朝ネタで返せるような自信すらあるのですが…。そう、好きなんです。朝の時間が。

朝の何がいいって、前日までの自分がいつだってちょっとリセットされているのがいい。
人間だから、誰だって感情的になることや何のやる気も起きない日、それから訳もなく涙がこぼれてくるような時があります。そんな時、私は解決を急がず、まるでパン生地のように自分を一晩寝かせるようにしています。
まずは温かいお風呂に入って、ぐっすり眠る。そして太陽と同時に朝が来ると、なんだか誰かから相談を受けてアドバイスをしなくちゃいけない時のように、昨晩の自分に対して客観的にすらなれるのです。朝の力って偉大。

そんな朝時間、さらに自信を取り戻させてくれるのが朝ごはん。
ちょっといいバターに塩、それから蜂蜜。お気に入りの調味料を取り出してきて、パンやコーヒーのいい香りが部屋を包む中、季節に合わせた食器を並べたりしていると、たったそれだけなのに「まだ自分は大丈夫かもしれない」と、何かができる気持ちがじわじわと戻って来るのです。
人生、生活が大きく変わるような、映画やドラマみたいな突然の出会いは滅多にありませんが、朝の小さな成功体験はその日1日を楽しくしてくれて、そしてその連続は結構ヘルシーでしあわせな毎日だったりします。

いつも一緒にいる家族も、みんなそれぞれ学校や職場、外のコミュニティで色んなことがあって家に帰ってきているはず。たとえ言葉にしなかったとしても、そんなしあわせ朝ごはんはお互いの1日を応援してくれます。明日の自分のために買っておくパンが、家族の誰かが好きなあのフルーツが、きっといい1日を作ってくれると信じて、朝が楽しくなる、お気に入りの食器を見つけてみてはいかがでしょう。