#かぞくごと この春実践したい!“しあわせ朝ごはん”が叶うテーブルスタイリングの小技

13 APR 2018

朝起きてカーテンを開けると爽やかな風が流れる季節になりました。
平日は何かと慌ただしいけれど、週末こそ、家族で朝ごはんをゆっくり楽しみたいもの。
せっかくなら、週末の朝起きるのが楽しみになるような朝ごはんのテーブルを作ってみませんか。
今回は、季節に合わせたテーマカラーをベースに思わず家族みんながわくわくするようなテーブルスタイリングの小技をご紹介します。

①その日の主役を決める

まずは、その日のテーブルの主役となるメイン皿を選びましょう。

 

メイン皿が決まったら、主役が映えるようなテーマカラーでテーブルをセッティングしていきます。

今回は、主役に爽やかなブルーのメイン皿をチョイスしたのでブルーがよく映えるように、そして春をイメージして、全体のテーマカラーは淡いピンクで統一。

ポイントは、そんなふうに主役の色と反対の色味を見つけること。
主役のお皿がぱっと見て目に飛び込んでくればその日の朝ごはんがもっと美味しそうに感じられるはずです。

 

②意外な組み合わせを楽しむ

楽しい朝ごはんは、ちょっとした意外性も美味しい隠し味に。いつも使っているものでも、意外な組み合わせを楽しんでみれば、ふだんの食卓も新しい発見で溢れていくかもしれません。

例えば、お皿の使い方。
陶器のスープボウルにガラス皿を合わせるだけでその日のポタージュがちょっと特別な一品に見えるようになりますよ。

 

それから食材の組み合わせ。
例えば、いつものサラダにはフルーツを上手に取り入れてみるのがおすすめです。
味にぐっと深みが出て、見た目も華やかになります。

動画で登場したのは、新玉ねぎとブルーベリーのサラダ。
(薄くスライスした新玉ねぎ、マッシュルームに洗ったブルーベリーを合わせ、塩胡椒とオリーブオイルを回しかけたら完成!)
新玉ねぎの甘みとブルーベリーの酸味がやみつきになる、大人のサラダです。

 

③盛り付けの形を変えてみる

せっかくなら、盛り付けも普段とちょっと変えてみましょう。

例えばカッティングボードには、その日のメインメニューに添えたいトッピングを盛って、ビュッフェ形式にしてみたり。

 

食器棚に閉まったままのケーキスタンドがあるなんて方には、はちみつやクリームなど、みんなが使うものをのせてみるのも
おすすめです。
取り分けもしやすく、高さも出てテーブルのバランスが引き締まります。

 

④季節のアイテムを取り入れる

せっかく四季があるのだから、季節ごとの楽しみは知っておきたいもの。
季節を感じるアイテムをテーブルに取り入れてみれば、家族で過ごす朝ごはんも、新しい気持ちで楽しめたりします。

手軽に取り入れられる季節のお花は朝ごはんにはもちろん、食卓にいつも飾っておきたい定番のアイテム。

 

ちょっと特別な日にしたい時は見た目でも味覚でも季節を感じることができるフラワー氷を作ってみるのもおすすめです。

 

氷をつくるときに、エディブルフラワーやハーブ、ハーブティの茶葉などを氷のトレイに一緒に入れて凍らせれば、
華やかなフラワーアイスの完成。
グラスに入れて水を注いだ時に、目にも楽しいとっておきのドリンクになりますよ。

 

家族みんなが楽しみにできる食卓を作るって実はとっても大切で貴重なこと。
ぜひ今回のアイディアを参考に、たくさんの素敵な #かぞくごと を叶えてみてくださいね。