よりみちレシピ

プラスひと手間でさらにおいしく。
日々の料理に新しい発見を。

プラスひと手間でさらにおいしく。
日々の料理に新しい発見を。

秋の彩り“のっけ”いなり寿司

ピクニック、運動会、遠足。秋晴れの中、家族や仲間と外で頬張るご飯って一段と美味しい!そんな日に持って行きたいのが、具材を乗せるだけのカンタン「“のっけ”いなり寿司」。甘じょっぱいお揚げに、すし飯を詰め、秋の味覚を盛り盛りに。見た目も華やか、ワッと歓声が上がること間違いなしです。これを持って、この秋どこ行こう♪

材料

  • (2種 各8個分)
  • ご飯 2合
  • 寿司酢 120cc
  • いなり寿司用お揚げ(市販) 16枚
  • 【A】秋鮭親子“のっけ”いなり
  • 秋鮭 2切れ
  • 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • いくら 大さじ4
  • 白ごま 適量
  • 【B】5色の水玉“のっけ”いなり
  • さつまいも(5mm厚の輪切り) 4枚
  • スライスチーズ 2枚
  • きゅうり 3cm
  • ミニトマト(赤・黄) 各2個
  • 柿(5mm厚にスライス) 1/4個
  • 白ごま 適量
  • タピオカストロー(なければ、ワインやタバスコのスクリューキャップでOK)

よりみちレシピ

  • ゆず
  • 大葉
  • ワックスペーパー
funtime funtime

作り方

  1. 1. 【A】に乗せる具材を作る
    鮭の皮を取り、一口大にカット。
    フライパンにサラダ油をひき、鮭を並べ中火で焼きます。表面の色が変わったら弱火に。酒・みりん・醤油を加えて水気がなくなるまで焼き、バットに移して冷ましましょう。
  2. 2. 【B】に乗せる具材を作る
    輪切りにしたさつまいもを耐熱皿に重ならないように並べ、電子レンジで1分間(600w)加熱。柔らかくなったさつまいも、スライスチーズ、柿をまな板の上に並べ、タピオカストローで型抜きをします。きゅうり、ミニトマトは、2mm厚ほどの輪切りに。
  3. 3. すし飯を詰める
    お揚げを1枚ずつ絞り、すし飯を詰めていきます。
  4. 4. 具材を乗せる
    【A】 には、1といくらを、【B】には、2をランダムに並べ、それぞれ白ごまを散らします。
  5. 5. できあがり
    重箱やお皿に交互に並べれば、彩り鮮やかないなり寿司の完成!

ここからよりみち ここからよりみち

おとなよりみち

ゆずと大葉を加えて、グッとお酒に合う一品に。
すし飯に、細い千切りにした柚子と大葉を混ぜ合わせれば、もっと彩り豊か!さわやかな香りが舌触り軽く、なんだかお酒も進みそう。

子どもよりみち

いなり寿司をキャンディ包みにして食べやすく。
カラフルなワックスペーパーで、くるっとキャンディ包みにすれば、手を汚さずに、パクパク食べられます。見た目もワクワク!

大人用よりみち

子ども用よりみち

ハッシュタグ「#よりみちレシピ」をつけてInstagram(インスタグラム)に投稿してね!

フードコーディネーター

MOMOE

稲垣晴代によるフード・ケータリングユニット。
ケータリングやイベント出店から、フードコーディネートまで。
お野菜は自然/有機栽培のものを、化学調味料も使いません。

ARCHIVE

過去記事