食欲の秋。そして新米シーズンということもあり、お米がおいしい季節がやってきます。そこで今回はご飯をより美味しく、楽しく食べるための、食卓を彩るうつわや道具をご紹介します。

ちょっとした一品料理を盛り付けるのにぴったりな、小ぶりなお皿「豆皿」。ちょこんとしたサイズ感がかわいらしく、バリエーションも多彩。さまざまな色や形のものをいくつか並べたら、食卓がにぎやかで華やかな印象に。お手頃なものが多いので、うつわ初心者でも挑戦しやすいのも魅力です。
日本茶のイメージが強い急須は、紅茶や中国茶などにも使えるポットタイプがおすすめ。飲み物を選ばずに使えそうなマグカップや、お菓子を添える豆皿を組み合わせて、気軽におしゃれにコーディネート。ウッドトレーとコースター使いも効果的。
時間と手間をかけずに美味しい料理ができて、だけど食卓をおしゃれに演出したい。そんな願いを叶えてくれるのが直火OKなアイテムたち。オーブン・レンジ・グリル調理も可能で、そのまま食卓に出しても見映えが良く、しかも洗い物が少なく済むという嬉しい利点も。
炊きたてごはんは陶器のおひつに入れて美味しさをキープ。残ったごはんはそのまま冷蔵保存ができる上に、おひつごとレンジで温めれば炊きたて同様のふっくらとした美味しさに。お気に入りの飯碗や箸置きがあれば、ごはんが一層すすみそう。
お米は桐製の米びつに保存。唐辛子やローズマリーを入れておけば虫除け対策にも。

SHARE

studio CLIP ONLINE STORE studio CLIP ONLINE STORE